三重県 而今 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒 2018BY ~穏やかな無濾過生酒~

2019年8月20日

みなさまこんばんは。今日でお盆休みも終わりですね。明日からまたお仕事が始まる人も多いのではないでしょうか。それにしても昨日今日と台風が過ぎ去ったあとのこの暑さはなかなかですね。本日酒屋さん主催の夏祭りに行ってきたのですが、炎天下の中汗を流しながら美味しく日本酒をいただいてきました。

さて、そんな暑い中、日本酒を飲んできた日に頂いている一本がこちら

木屋正酒造 而今 純米吟醸 雄町 無濾過生 2018BYです。

いや、久々の而今ですね。みんな大好き而今。それも雄町の生酒ときたもんです。今期而今の雄町無濾過生酒は買えないと思っていたのですが、偶然とある酒屋さんで購入することができました。これで山田錦の生酒を開ければ、今期の而今無濾過シリーズはにごり以外は一通り飲んだ事になりますかね。

而今の雄町 無濾過生酒は初めていただきます。果たしてどのような味わいなのでしょうか。

では、さっそくいただきましょう。

香りはしっかりとしたお米の香り。ややピーチがかっているかな。口に含むとややトロリとした飲み口から微弱な酸味とスッキリとした透き通るような青リンゴのような味わい。余韻に微弱な苦みでスッキリキレます。

2日目になると余韻の苦みがやや強く感じられます。味わい穏やかにスッキリとしてスルスルイケるのですが、今ひとつな印象。

3日目に入ると穏やかな感じから、程よい甘旨みと余韻のくっきりとした苦み。ちょっとまとまってきたような感じですが、どうしても余韻の苦みに意識がいってしまいます。

ん~飲む時期が遅かったかなぁ。思っていたほどピチピチジューシーには感じられないなぁ。余韻の苦みがどうしても辛口な印象を持たせる感じ。先日飲んだ松喰鶴に味わいを寄せている?ような印象あります。もちろんまずくはないけれども、ややドライに感じてしまうので個人的に思っていた印象や好みとはちょっと違う味わいですかね。

もしこの日本酒に何か食べ合わせるかとしたトロやカツオなどのお刺身やさっぱりとした肉料理なんかですかね。ややドライに感じられる分、食中酒としては十分に美味しいかと思います。

***********************************************************************

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生酒

原材料 米(国産)米麹(国産米)

原料米 岡山県産 雄町(100%)

精米歩合 50%

アルコール分 16%

***********************************************************************

今回この而今を飲んで、けっこう自分はフレッシュでピチピチジューシーな日本酒が好みなんだと思わせてくれました。また最近は酒米でも雄町米よりも愛山米の方が好みなのかな、とも思ったりもします。そして而今を飲んで毎回思うのが、やはり而今の味わいに対しての表現力が無いなぁ、ということ。もっと舌と表現力を鍛えなくてはいけませんね。

どうもごちそうさまでした。