京都府 白木久 CHIMERA~キメラ~ ~酵母&麹のトリプルブレンドとは~

みなさまこんばんは。昨晩の台風19号は大変な被害をもたらしましたね。みなさまの住む地域は無事でしたでしょうか。私の住む地域は無事だったのですが、未だ被害の詳細が明らかになっていない地域や大手メディアが発信しきれていない場所など多々あるかと思います。これから徐々に明らかになっていく部分や、この台風被害を受けて、今後につなげていかなくてはいけないことなど、改めて考えてしまいます。

さて本日の一本

こちらはたまに行く酒屋さんで購入してきました。最初見たときに、お!何か面白いラベルだな、と思ったら、今年個人的に気にしてちょっと飲んでいる京都の白木久でした。ラベルも全く日本酒っぽくなく、独特の個性を感じます。今年飲んだ白木久の黒麹もボルドー型のボトルで個性を出していましたね。

こちらは白・黒・黄麹の三種類の麹を使用し、リンゴ酸多産性酵母の協会77号と6号と10号の3種類の酵母をブレンドしたものらしいです。

では、さっそくいただきましょう。

グラスを回すと青リンゴやバニラのような爽やかな香り。口に含むとややトロスッキリとした飲み口から切れの良い酸味を主体とした旨味と甘酸っぱさが程よく広がります。余韻に弱い苦酸味で、スッキリキレていきます。

これは独特の旨味がありますね。けっこう面白い味わいですね。スッキリジューシーな味わいの中に程よいお米の旨味。いやーこれは不思議な惹き付ける味わいを感じますね。スッキリとした飲みやすさが、ついつい盃を進ませてくれます。

2日目になると、昨日よりは穏やかになり、軽く香る程度。口に含むと、お!昨日よりも甘旨味が乗り、まるでアップルジュースのような味わいに!これは面白い。酸味はやや穏やかになったのですが、ちょっとシードルっぽいニュアンスも感じられます。これはちょっと日本酒とは思えない味わいですね。しかもこの酒米がコシヒカリっていうのが、また個性的です。

もしこの日本酒に何か食べ合わせるかとしたら、食前酒としてシーザーサラダやピンチョスあたりと合わせたいかな。

***********************************************************************

京都府 白杉酒造 白木久 CHIMERA ~キメラ~

原材料名  米(国産) 米こうじ(国産米)

原料米 全量「コシヒカリ」(丹後産)

アルコール分 15度以上16度未満

使用 無ろ過原酒 瓶燗一回火入れ

***********************************************************************

いやー、実に面白い一本ですね。裏ラベルに書いてある通り確かに「NEWタイプの日本酒」ですね。日本酒というよりもシードルや白ワインのような別カテゴリーのお酒のよう。これは20代などの若い人や海外の方などを意識しているのかな?なんて思ったりもしますが、きっと今までやったことの無い新しいことにチャレンジした一本なのかもしれません。

もう飲み終えるのですが、後味も良く「あーもう無くなるのかぁ」と思える程、個性的で個人的に美味しく頂け好みの味わいでした。

どうもごちそうさまでした。